MENU

日本特殊陶業市民会館・音楽プラザ

日本特殊陶業市民会館・音楽プラザ

文字サイズ

【市民会館】ご使用の流れとガイドラインのポイント


  【感染拡大予防対策実施期間 : 令和2年6月1日(月)~当面の間】

 

1.ご使用の開始前 

 ①誓約書のご提出

  施設ご使用の主催者または代表者の方は、通常の施設使用許可申請手続きの他に、ご使用にあたって

      名古屋市が定めた「ガイドライン」順守についての「誓約書」使用開始日3日前

  にご提出していただきます。未提出の場合、またはご誓約いただいた事項が順守されていないと認め

  られた場合は使用許可を取り消す場合があります。

                 「名古屋市ガイドライン」(令和2年5月29日改訂).pdf

                                       誓約書.pdf 

 

     ※今後の社会状況の変化等により、ガイドラインの内容に変更が生じた場合は、随時最新情報をホーム

   ページ等でお知らせします。

  

 ②上限人数の順守

  施設ごとに感染予防対策のための上限人数を設けております。上限人数を超えてのご使用は不許可と

  しますのでご注意ください。

      なお、大ホール、中ホールについては、ガイドラインに沿って段階的に人数の上限が緩和されます。

・6月18日まで

 大ホール・・・100人以下 中ホール・・・100人以下

・6月19日から7月9日まで

 大ホール・・・1000人以下 中ホール・・・574人以下

・7月10日から31日まで

 大ホール・・・1148人以下 中ホール・・・574人以下

 ※裏楽屋・地下楽屋についても定員の半数以下、定員のない部屋は、面積を4平米で割った人数以下で換算

 (小数点以下切り捨て)

 

 第1リハーサル室…37人以下   第2リハーサル室…29人以下

 

   第1会議室…45人以下   第2会議室…15人以下   特別会議室…10人以下

 

 ③使用日当日の参加者連絡先の把握

  感染者発生した場合など、必要に応じて保健所等の公的機関へ当日の来場者・参加者の連絡先をご提供

  いただく場合があります。事前に名簿の作成等により来場者・参加者の連絡先の把握をお願いします。

 

 ④周知・広報

  当日の来場者・参加者に対し事前に下記についてご周知をお願いします。

   ・マスク着用等による咳エチケット、手洗い・手指の消毒の徹底

   ・社会的距離の確保の徹底

   ・近接した距離での会話、会場及び屋内共用部での飲食(体調維持のための水分補給を除く)など、

    感染リスクの高い行為の回避

   ・来場前の検温の実施

   ・来場前の検温の結果37.5℃以上の発熱がある場合、過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や

    服薬等をした場合、過去2週間以内に同様の症状にある人との接触歴がある場合、または下記の症状に

    該当する場合、来場を控えること。

    咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛、

    関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐

    ・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航、

    並びに、当該国・地域の在住者と濃厚接触がある場合は、来場を控えること。

   ・入場時の検温への協力

 

2.ご使用日当日

 ①ご来館前の体調確認

   以下の場合、ご来館はお控えください。

   ・ご来館前に37.5度以上の発熱がある。

   ・過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした。

   ・過去2週間以内に上記の症状がある人との接触歴がある。

   ・以下の症状がある。

    咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、

    頭痛、関節・ 筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐

 

 ②検温の実施

  管理事務室から検温器(非接触型)をお貸しします。

  来場者・参加者全員の検温を各使用者様内で実施してください。

   ・検温の際に通路等に並ばれる場合でも、最低1m(できるだけ2mを目安に)間隔の確保してください。

   ・37.5度以上の発熱が検知された場合、該当者の方はご退館をお願いしてください。

 

 ③使用施設内では

   ・ご使用の内容に関わらず、在室者間で適切な距離を確保してください。

   ・ご使用のみなさまご自身でも高頻度に接触する部分等の消毒を適宜実施してください。

   ・換気のためにご使用中でも窓や扉の開放は可能としますが、音漏れにはご注意ください。

   ・近接した距離での会話や接触、各施設内でのご飲食(体調維持のための水分補給を除く)など、

    感染リスクの高い行為を避けてください。

   ・同一備品の複数人での使用(使い回し)は出来るだけお避けください。

 

 ④共用部(廊下、トイレ等)では

   ・近接した距離での会話や接触、廊下に設置している椅子でのご飲食(体調維持のための水分補給を除く)

    など、感染リスクの高い行為を避けてください。

 

3.ご使用終了後

  来場者・参加者内に感染者発生が判明した場合

   ・市民会館もしくは保健所に必ず通報してください。

   ・保健所等の公的機関による聞き取りにご協力ください。

   ・ご使用当日の参加者全員の連絡先をご提供いただく場合があります。

 

  ※その他、詳細については、名古屋市観光文化交流局文化振興室が策定した「文化施設における新型

   コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」を参照

 

  ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するために施設使用の取り止め・延期を行った場合、

   納付済み利用料金の全額を還付いたします。(同様の理由で施設が閉館したことによるものも含む)

   ●全額還付の期間 令和3年3月31日までの利用分

日本特殊陶業市民会館TOP

  • バーチャルビューイング
  • 施設ガイド
  • にじいろ
  • 開館45周年記念事業

日本特殊陶業市民会館

アクセス

〒460-0022
愛知県名古屋市中区金山
一丁目5番1号
TEL : 052-331-2141
FAX : 052-322-7217

PAGETOP