MENU

日本特殊陶業市民会館・音楽プラザ

日本特殊陶業市民会館・音楽プラザ

文字サイズ

ビレッジホール

ビレッジホール(中ホール)概要

ビレッジホール

 

   test:

  

その他写真

   

 

ビレッジホールは、フォレストホールと比較しても遜色のない広い舞台面積と舞台機構を持ち、回り舞台、

可動式花道、大迫り、小迫り等が設けられており、舞踊、演劇、室内楽、邦楽や講演などに適した、

多目的ホールです。〔1,146席・車椅子席3席〕

 

 

舞台及び主な設備

プロセニアム(間口16m、高さ7.2m、奥行21m)大迫り2基、小迫り2基、

回り舞台1基、花道1基、花道すっぽん迫り1基、幕用吊物19本、

照明用吊物14本、一般吊物28本、反響板一式

用途 日本舞踊、民謡、オーケストラ、演劇など
舞台裏楽屋 5室(108号~112号) 【和室】
床山 1室【和室】
控室 1室【洋室】

楽屋概要

地下楽屋8~16号

ビレッジホール地下1階に、地下楽屋8号~16号の9室の楽屋があります。8・9・14~16号は洋室、10~13号は和室となります。

ホール利用料に含まれる1階楽屋と異なり、いずれも楽屋利用料が必要です。

※地下楽屋6号と7号は、フォレストホール、ビレッジホールの兼用です。(洋室)

その他写真

ホール届出書

PAGETOP